話題の芸能ニュースをお届け

競馬が趣味の橋本マナミの馬になりたかった過去

趣味は競馬だと公言しておかげで、 競馬関連の仕事も増えている橋本マナミですが、実はもともと「馬好き」だったようですね。橋本マナミと競馬の関係性について調べてみたいと思います!

20141105063620


幼少期は馬のマネをして家を駆けまわっていた!

山形県出身の橋本は、小さな頃から馬が好きで自分が馬になった気分で四つん這いで家中を走り回っていたといいます。かなりおてんばな女の子だったのかもしれませんね。


そんな時、母親から「馬が好きなら馬に乗ればいいじゃない?」と言われて通い始めたのが乗馬クラブだったといいます。子供の頃から馬と関わりのある生活をしていたのですから、馬が好きという発言は信憑性がありますよね。
大人になってからも時々乗馬に通い、馬を通して自然に競馬にも興味が湧いていたといいます。


思い出の馬は有馬記念のオルフェーブル!

本格的に競馬と関わりを持つようになったのは仕事がキッカケだったようですが、元々が馬好きですから仕事というよりは個人的な趣味になってしまったといいます。一番印象的だったのは引退をかけて臨んだオルフェーブルの有馬記念だったようですね。
圧倒的なオルフェーブルのパワーに魅了されたとインタビューでも語っています。

20141105102800

今では「地中海ケイバモード」という番組に出演したり、夕刊フジの土曜競馬面に連載を持つほど。ファンに向けては「ぜひぜひ私の予想に乗っかっちゃってくださーい」とコメントを発信したり、自らの予想の結果をブログに記載したりとかなり競馬にハマっている様子です。非常に勉強熱心で地方競馬も研究している様子がブログからも見て取れます。
仕事を通して頻繁に競馬場に通っていますし、今年はもしかしたら橋本が万馬券を当てた!というニュースや騎手とのロマンス発覚なんていう話が出るかもしれませんね。今後の活躍に注目したいと思います。

関連記事