話題の芸能ニュースをお届け

長谷川潤の性格が悪いことが離婚の原因か?騒音トラブルで逆切れ

いまやママさんモデルとして相変わらずその美しさを誇っている長谷川潤ですが、性格が悪いなんていう噂も浮上しているようです。離婚の原因もこのあたりにあったのでは?と一部ではささやかれています。

ハワイ育ちでサッパリとした性格のように見えますが、過去には騒音トラブルで逆ギレしてご近所トラブルを起こしたことがあったとか。いったい何があったのでしょうか。詳しく調べてみたいと思います。


音楽ガンガン!週末は部屋で大騒ぎ?

結婚前の話にはなりますが、かつて住んでいた港区では長谷川の評判が非常に悪かったことが週刊文春で記事になっています。


休日前には外国人の友達がたくさん長谷川の部屋を訪れ、毎度のように音楽をガンガンかけ大騒ぎしていたといいます。音楽はトランス系やハウス系だったようですからご近所にとってはかなりの騒音だったことが予想出来ます。男女の嬌声が飛び交い、深夜遅くまで続く大騒ぎに近隣住民はかなり怒っていたようです。絶対隣には住んで欲しくないタイプですよね(笑)


注意しに行った女性に英語で罵詈雑言を浴びせかけた?

耐えかねたある住民女性が長谷川の部屋を訪問し注意したところ、長谷川は謝るどころか英語で女性をまくしたてたのだとか。内容的には「黙れバカ!どうせ英語だから何を言ってもわからないだろ!」という内容の言葉だったといいます。

実はこの女性、機動戦士ガンダムでラファ・スンの声を担当した声優の播恵子さんだったのだそう。播さんは英語が堪能だったため、長谷川が話した内容も理解できたことから大変なショックを受けたようです。もしこれが本当なら逆ギレもいいところですよね。

結婚前の時代の若い頃の話ですのでお母さんとなった今では改心していると思いますが、このような話があることから長谷川の性格が悪いという噂が流れているのでしょう。小さな子供も二人いるにも関わらず離婚してしまったのは、こういった性格の悪さが原因と言われても仕方ないですね。

関連記事