話題の芸能ニュースをお届け

遠藤久美子を干されたのはアイントから東宝芸能への移籍が裏目に出たのか?

遠藤久美子をしばらくテレビや映画で見なかったのは、芸能界から干されたのが原因なのでは・・?という噂がありましたね。


人気者だった遠藤が姿を消した理由は独立問題なのではないかと囁かれていましたが、実はそうではなさそうなのだとか。遠藤の事務所独立に関して詳しく調べてみたいと思います。


2011年に16年間所属した事務所から独立

遠藤はデビュー当時から芸能プロダクション・アイントに所属していました。あまり大きな事務所ではなく、遠藤は稼ぎ頭だったことが予想されますね。現在所属しているタレントも、さほど活躍していないといえます。


アイントはアイドル路線で遠藤を売り込みたかったようですが、どうやらそれが遠藤の意思と反していたようです。東日本大震災をキッカケに自分ひとりでやってみようと決意した・・ということで個人事務所を設立して事務所から独立します。これが原因で芸能界から干されたのでは?と言われていますね。


わずか1年で東宝芸能に移籍する謎

確かに遠藤はアイントを辞めた後、個人事務所を設立しますがわずか1年で閉鎖し、今度は力のある大きな事務所「東宝芸能」に所属しています。自分ひとりの力でやりたかった・・というのは何だったのでしょう。震災を機に決意した!という割にはあまりに早い個人事務所閉鎖は裏があると思われても仕方がないかもしれません。


芸能界では事務所を離れたあとに直ぐに他の事務所に移籍するのはタブーだと言われています。しかし一旦、個人事務所を経ることによって「円満退社」を演出できるという裏技があるのも事実です。遠藤はわずか1年で個人事務所をたたんでいますので、最初から大きな事務所へ移籍したかったのが本心なのではないでしょうか。
テレビから遠ざかっていたのは干されたことが理由では無く、単純に旬がすぎてしまっただけかもしれません。東宝芸能に所属したことですし、これからは女優として露出度も増える可能性もありますね。今後はドラマや映画で姿を見る機会が増えるのではないでしょうか。

関連記事