話題の芸能ニュースをお届け

井浦新に韓国人疑惑(大嘘)が浮上した経緯は映画出演にあった!

俳優の井浦新が韓国人であるという噂がネットを中心にまことしやかに流れているといいます。

見た目はアッサリとした顔立ちですが、これだけでは韓国人であるとは断言できませんね。ではなぜ韓国人だという噂が広まってしまったのか、詳しく調べてみたいと思います。


映画「かぞくのくに」で在日韓国人役を演じていた!

井浦は2012年に映画「かぞくのくに」で在日韓国人役を演じています。監督はヤンヨンヒ監督でこの方は在日韓国人ですね。

この映画のストーリーはヤン監督の実体験を元に作られたといいます。北朝鮮帰国事業で別れ別れになってしまった家族の悲しみや辛さ、厳しい現実などが描かれている大作なのだそう。離れて暮らす家族が25年ぶりに帰国し再会するストーリーですが、井浦は北朝鮮へ渡った兄役を演じていました。ちなみに妹役は奥田瑛二の娘でもある女優の安藤サクラでしたね。


在日韓国人役でブルーリボン賞助演男優賞を受賞したせいか?

井浦は熱心に役作りをし、韓国や北朝鮮に関わる資料を読破したのはもちろんのこと、監督の心に寄り添い、思いを聞くことに焦点を置いたと後に語っています。作品の歯車になりたい・・という言葉のままに素直に演じたということで、映画の評価が高かったことはもちろん、井浦自身も「ブルーリボン賞助演男優賞」を受賞したことでも注目されました。


もしかしたら、話題作となった「かぞくのくに」での在日韓国人役がハマっていたために「井浦新は韓国人」という噂が出てしまったのかもしれません。

井浦自身は日本で生まれ育っていますし、妻である山本あいの父親は自民党の議員でもあるため、在日韓国人である可能性は低いと言えそう。映画での熱演ぶりによって引き起こされた噂であるならば俳優冥利につきるともいえますが、実際のところは謎のまま・・といえそうですね。

関連記事